2017-11


 柔道・古流柔術・合気道の歴史・技術に関する話題

 空手・古流唐手の歴史・技術に関する話題

 ボクシングの歴史に関する話題

 レスリング系格闘技の歴史等に関する話題

 中国武術の歴史・技術に関する話題

 日本大相撲を中心に歴史・技術に関する話題

 剣術を中心に古流武術の歴史・技術に関する話題

 世界中の様々な格闘技の歴史・技術に関する話題


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬庭念流

格闘技・武道・武術四方山話

馬庭念流


 時代劇や時代小説で、なぜか主人公ではなく悪役が使う剣術として登場することが多い馬庭念流のお話です。
 馬庭念流は、源流となる念流の流祖である念阿弥慈恩の弟子、板東八人、京六人の「十四哲」といわれる高弟の一人であった樋口太郎兼重を流祖としています。樋口太郎兼重は、同じ信州伊那郡の波合村に居を構えた念阿弥慈恩の高弟となり、念流の兵法を修めました。後に念流は家伝となり、兼重念流を称したそうです。兼重の子孫たちは念流を受け継ぎますが、十三代高重の代に上野国吾妻郡小宿村(長野原町応桑小宿)に移り住み、さらに上州多胡郡馬庭村に移転しました。以来、樋口家は代々馬庭の地に郷士として棲み、武芸を指南してきたそうです。そして十七代定次が念流八世を継承して後、同地の念流は「馬庭念流」と呼ばれ、現在に至っています。代々の念流継承者は郷土の兵法家として生きており、武芸を仕官のために利用することはなかったそうです。馬庭念流の門弟には武家の子弟もいましたが、多くは農民、町民であり、念流は彼らの自衛の剣として民間に普及していったそうです。その剣技はあくまで庶民の自衛の剣であり、立身出世や殺傷の道具とすることを戒めるものだったようです。
 馬庭念流は時代小説などでは敵役や登場してきてもすぐに斬られてしまう、いわゆる”ちょい役”が多いような気がしてなりません。しかし、武家の子弟よりも、農民や町民のための剣術であったというところに馬庭念流代々の継承者の人物としての温かさを感じました。時代小説、特に殺陣のシーンがリアルな剣豪小説などで、剣術としての馬庭念流を主役として取り上げてほしいと願って止みません。・・・と思っていたらありました!「蟹足の剣―剣鬼・樋口又七郎定次」。よろしければ一読あれ。



レッドへリング
バナーを貼ってお小遣いGET!
  A.C.T.webサポート
  検索エンジン登録代行ならおまかせ!リンクスタッフも募集中!
ads by infodic.
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

NECO

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク


★ 格闘技・武道・武術関連書籍・DVD

隠されていた空手

沖縄武道空手の極意

プロレス・格闘技超“異人”伝

ブラジリアン柔術マキシマム

ブラジリアン柔術アドバンス

総合格闘技「技」の読本!

最強格闘技伝猛者たちの系譜

古武道入門

中国武術の本

発勁力

琉球王家秘伝武術

世界のマーシャルアーツ新装版

日本格闘技おもしろ史話

ブラジリアン柔術セルフディフェンステクニック

ブラジリアンバーリトゥード

決定版!大相撲観戦道場―相撲の楽しみ方教えます

一刀流兵法史考

日本柔術当身拳法

寝技で勝つ柔道

地上最強の中国拳法意拳孫立初級編


★ FC2でブログを
はじめてみませんか?

★ せっかく作ったブログを多くの人に見てもらおう!

・人気ブログランキング
・ホームページランキング
・JRANK
・くつろぐ
☆【ブログ探検隊】
・FC2 Blog Ranking
・ブログ王ランキング

★ さらにアクセスアップしたい方はこちらがおすすめ!

ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!
ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!

サーチエンジン一括簡単登録システム
”かっぱ DE.COM”

フリー登録.com

携帯でネット内職

携帯から始めるネット内職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。